Google Chrome「保護されていません」問題

今年7月ごろからなんとなく気になっていた人も多いのでは…
7月にアップデートされたGoogle Chrome 68から下記のようになってしまいました。

GoogleのブラウザChromeでとあるサイト見ると「保護されていません」とアドレスバーに表示。

検索するとタイトルが緑のところは保護されているサイト(SSL化されている)、グレーのところは保護されていない(SSL化していない)となり一目瞭然!

毎日膨大な検索をしている私でもこれはちょっとびびってしまいます。
多分普段あまりネットされない方は特に「なんか怖いやん」「怪しいやん」と思っても仕方がありません。

今後は赤色で「http://」のURLというだけで赤色で警告されたりするかもしれません。もちろんSEO対策をしていてもGoogle様のやることだから順位が下がる可能性も大!

サーバーによっては無料のSSLも導入しているところもたくさんあります。

まだ導入されていない方は早めにSSL化しましょう!

関連記事

  1. XD

    Adobe XDの講習を受講してきました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP